BLOG

サイバー保険と商工団体割引

2020/11/17

 お久しぶりです!今回も遠藤より担当させて頂きます。

 

今年も残すところ1か月半となり、

なんと前回の投稿から5か月も経ってしまいました(´;ω;`)

 

 

 実はRiMiXでは9月から新しく佐藤・鈴木が入社致しました!

 

とても明るく飲み込みの早い2人なので、事務所が賑やかになり活発となっております(^^)

 

 

 

 今回そんな2人の紹介と行きたいところなんですが、

次回本人達からの自己紹介とさせていただきたいので、楽しみにしておいてください。

 

 さて、今回は題名にある通り『サイバー保険と商工団体割引』についてご紹介させて頂きます。

 

 

 

 まずは、サイバー保険 です!

 

サイバー保険はまだ加入率が4.5%と現在ではあまり知られていない保険です。

 

ですが!

 

以前のブログ「セキュリティー対策」でもご説明させて頂いた通り他人事ではなくなっています。

 

またネット社会も進む中、今後は自動車保険のように必須になってくる保険だといわれています。

 

そんなサイバー保険は情報漏洩、サイバー攻撃、IT事故が起こった際に保険金が支払われます。

 

 

支払われる内容としては 例えば、

 

1.費用損害

 

サイバー攻撃調査費用…サイバー攻撃の有無を判断するため、外部に依頼した調査費用

 

事故原因・被害範囲調査費用…事故の原因の調査、被害範囲の調査費用

 

再発防止費用…情報システムの損傷・情報の消失、改ざん・損壊に対する再発防止費用

 

2.賠償損害

 

法律上の損害賠償金…法律で損害賠償を請求された際の費用

 

があります。

 「置き引きに遭って顧客情報の入ったカバンを紛失した」や「メールの誤送信」も保障となるので、加入していればそういった不意の事故でも安心ですよね!

 

 

 

 次に、商工団体割引 です!

 

商工団体とは、商工会議所・商工会・中央会の事です。

 

実はこの商工団体に入っているスケールメリットで保険の割引制度があります!

 

この制度が活用できる保険の種類はいくつかありますが、今回ご説明させて頂いたサイバー保険も対象となります。

 

なんと!

 

サイバー保険では最大で68%も割引が使えるので、とってもおトクなんです(^^)

 

 簡単にご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

商工団体に入られている方はサイバー保険以外にも割引が活用できる保険もありますし、

 

また、入られていない方も加入することによって保険の割引が大きいのでメリットを感じられると思います。

 

ご質問ご不明点があれば、パンフレットも御座いますので

お気軽にRiMiXにお問い合わせください。